컨텐츠 바로가기

学科紹介

Let's take a new leap forward!
Commanding and world-competitive
University.

Changwon National University

学事案内

昌原大学は多様な教育プログラムを通じて立派な人材を養成します。

転科申請

  1. 申請資格 : 2学期以上5学期以下履修者で系列・学科の区分なく転科できるが、在学期間中1回に限る。
  2. 選抜方法 : 転科申請者に対する選抜は学科(専攻)別に面接考査、実技考査、書類選抜などの方法で実施する。
    転入学科の学科(部)長と大学(院)長の承認を全部受けなければならない。
  3. 単位の履修および認定 : 転科が許可された者は転科した学科(部)の該当学年(2、3学期履修者は2年生、 4、5学期履修者は3年生)正規の入学生と同じ教育課程を適用して卒業単位と教養単位、専攻深化(工科大学は工学教育認定)課程を履修しなければならない。
  4. 対象学科および許容人員を必ず確認しなければならない

複数専攻

  1. 申請資格 : 4学期以上7学期以下を履修して、2年生終了単位以上を取得した者で 第1専攻学科(部)長の推選を貰った者
  2. 選抜方法 : 直前学期までの成績順で選抜、ただし、学科(部)の特性上必要な場合には異なる選抜基準を取ることもある。
  3. 単位履修および認定
  4. 第1専攻および第2専攻の専攻科目の最小専攻認定単位数以上を履修。ただし工科大学の工学教育認証制の施行学科を複数専攻する場合は工学教育認証課程を履修しなければならない。
  5. 対象学科および許容人員を必ず確認しなければならない

副専攻

  1. 申請資格 : 2年前期からは希望学科(部)で副専攻の履修ができる。
  2. 履修単位 : 志望学科(部)で開設する専門科目の中で副専攻の必須科目を含めて 21単位以上を履修。

卒業

  1. 卒業査定は学科、短大、本部、教務科を経て、卒業履修単位の取得可否、教養単位(教養必須を含む)、専攻単位(専攻必須を含む)の履修可否、平均評点(2.0)などを総合的に審査して査定する。
  2. 卒業論文および学位- 卒業予定者は最終卒業学期に卒業論文を提出し、審査合格により卒業を認定する。(ただし、卒業総合試験、実技発表、実験実習、卒業論文で代替できる。)
  3. 学位は本大学の所定の全課程を履修して、卒業論文や卒業審査を通過した者に卒業を認定し学位証書を授与する。

早期卒業

早期卒業は在学期間中、優秀な成績を得たものに6学期または7学期を履修して 所定の卒業単位を取得した場合に学士学位を授与する制度である。

1) 早期卒業の申請資格

  1. 該当学科所定の教育課程を履修して卒業要件を満たす者
  2. 総評点平均が4.20以上の者

2) 早期卒業の申請方法

  1. 早期卒業希望者は毎学期の初めに別途広告により所定の申請書を作成して学科長の推選を貰わなければならない。
  2. 学科長の推選を貰った者は短科大学長を経由して昌原大学総長の承認を受ける。

資格制限 : 編入学生、再入学生