컨텐츠 바로가기

学科紹介

Let's take a new leap forward!
Commanding and world-competitive
University.

Changwon National University

自然科学大学

昌原大学は多様な教育プログラムを通じて立派な人材を養成します。

数学学科

学科紹介

かつてニュートンが落ちる林檎を見た時、プトレマイオスとケプラーが夜空で動く星を見た時、アインシュタインが相対的に運動する物体を見た時、彼らが共通に思ったのはこれら現象を数学的言語を使用して表現して説明しようとすることだった。彼らの試図と結果は驚くべき威力を発揮して2次世界大戦を終わらせて事実上に現代社会を動かしている。このように数学は自然現象または身の回りの様々な状況が説明できるようになり、このような理由で数学は科学の言語とも呼ばれる。複雑に進行していく現代に産業社会で数学が占める比重が日々増大し、先進国として立っている国家の中で数学を軽視した国家は歴史的にない。

応用数学科は1983年に数学科設置を始めに1989年には大学院数学科が設置されて、1993年には教育大学院が設置され、現在学部生約120名、修士および博士課程生約50名が多様な分野の数学課程を履修している。現在一部卒業生たちは留学または大学院進学の後、企業に就職したり教授要員として訓練中で一部は道内の中․高校で教師として在職している。本学科は社会が要求する有能な専門人材を養成することを目標に1997年3月から応用数学科に学科名称を変更した。電算実習室、ワーク․ステーション実習室などを運営して学生の適性によって数学は勿論、電算関連科目も履修する機会を与えるための教科課程を運営することで卒業後、電算関連の大学院進学や就職に役立つようにしている。